緑内障を完治させる為には早めの通院スタート|快適な健康生活

目

視界の中の黒いもの

黒い虫が飛んでいるように見える飛蚊症は、目の硝子体の変化が原因です。老化など生理的な現象なので、治療する必要がないです。ですが、網膜剥離の前兆であらわれるため、検査が必要です。予防や進行を防ぐのに、アントシアニンやルテインが効果的と言われています。

視野が狭まるのを防ぐ

ドクター

早期の治療スタートを

緑内障は40代以上の20人に1人、約300万人が患者となっていると言われており、患者数は増えていく傾向にあると言われています。す。緑内障は目の圧力が上昇してしまう病気ですが、怖いのはそれを放置しておくと最終的に失明してしまう可能性があるということです。緑内障が原因で失明してしまう人の数は糖尿病網膜症に次いで多く、年間で2000人ほどの数になると言われています。しかし緑内障になったから失明してしまうという考え方はしなくても構いません。早期に治療を開始して点眼薬などで眼圧の上昇を抑制することができれば、一生自分の目でものを見るということは難しいことではありません。何よりも早期の治療スタートが重要になります。

ウォーキングで眼圧低下

緑内障になり一度視野を喪失してしまった場合、その場所は二度と視野が戻らないと言われているため、薬だけに頼るのではなく生活習慣の改善を行って予防を行っていくことが大切です。その方法とは食事・運動・睡眠です。眼圧が高くなってしまうのは目の中で形を保つためにある房水の量が何らかの理由で多くなってしまうことです。改善のためには余分な房水が溜まらないようにすることですが、そのために効果があると言われているのがウォーキングです。ウォーキングを行うと血流が良くなるので眼圧が下がることがわかっています。食べ物も血流を促進する効果があるものを積極的に摂取したり、睡眠をしっかりととってストレスをためないようにすることで体調を整えて行きましょう。

眼

視界に何か見えた時は

加齢とともに気になり出す飛蚊症は病気ではなく生理現象ですが、まれに網膜剥離といった深刻な病気が原因で飛蚊症に似た症状がおこることがあります。急激な症状の変化を感じた際は、眼科で診察を受けることをおすすめします。

婦人

眼科に相談しましょう

視界に浮遊物が見える飛蚊症は、生理的な原因であれば心配ありません。しかしまれに、網膜はく離の前兆である場合があるので、速やかに眼科に相談するほうが良いです。また飛蚊症を防ぐには、紫外線をなるべく受けないようにし、また抗酸化作用のある栄養素を積極的に摂るようにします。

Copyright © 2017 緑内障を完治させる為には早めの通院スタート|快適な健康生活 All Rights Reserved.