視界の中の黒いもの|緑内障を完治させる為には早めの通院スタート|快適な健康生活

緑内障を完治させる為には早めの通院スタート|快適な健康生活

視界の中の黒いもの

目

治療の必要がない場合

普段の見え方に違和感があるととてもストレスを感じませんか。目に違和感を感じる症状に飛蚊症というものがあります。症状は、視界の中に虫がいるように見えることです。黒っぽい点や線などが見え、目を動かすと虫のようなものが見えます。飛蚊症は、多くの人がなります。病気ではなく、「生理的」に起こる場合がほとんどです。目の中の硝子体が時間とともに変化し、シワができます。それが、黒っぽい虫のように見えます。違和感に気づくと、病気と感じてしまいますが、これは病気ではないのです。また、老化が原因でも飛蚊症が起こります。年齢とともに、硝子体がゼリー状から液体に変化します。すると、硝子体が網膜から剥がれてしまいます。剥がれて、凹凸ができた硝子体が原因で虫が飛んでいるように見えてしまうのです。

病気の場合や予防

生理的な現象や、老化で飛蚊症が起こり、治療が必要ないこともありますが、病気が原因となっている場合もあります。それは、網膜剥離です。網膜剥離は自覚症状がないのですが、飛蚊症が前兆としてあらわれます。視界に黒い虫が飛んでいるように感じたら、老化と判断せずに、病院で原因を調べる必要があります。視界にある黒い影が増えたり、いつもと違うと感じたときも検査が必要です。病院では、眼底検査を受けます。飛蚊症は、症状を感じても慣れてしまいますが、予防することができます。「アントシアニン」や「ルテイン」が飛蚊症を予防できるといわれています。抗酸化作用が予防に効果があり、積極的に摂取することで進行を防ぐことを期待できます。

Copyright © 2017 緑内障を完治させる為には早めの通院スタート|快適な健康生活 All Rights Reserved.