視界に何か見えた時は|緑内障を完治させる為には早めの通院スタート|快適な健康生活

緑内障を完治させる為には早めの通院スタート|快適な健康生活

視界に何か見えた時は

眼

虫が見える目の症状

青空や白い壁を見た時、虫のような異物が見えることがあります。目に異物が入るなどの異常がないのに視界に虫や糸クズのようなものが見えてしまうことを「飛蚊症」と言います。これは加齢などによって目の中にある透明な硝子体の一部が変質したり偏ったりすることで起こる一種の生理現象です。飛蚊症は白髪やしわと同じようなものなので健康には影響はありませんが、同時に症状を解消する治療法もありません。眼科医からも通常は「老いにより生理現象などで気にしなくても良いです」と言われることがほとんどです。一部のクリニックでレーザーを使って症状を緩和する治療を行うところもありますが、これは健康保険の対象外になるため全額自費の治療となるので注意してください。

症状の似た怖い病気

飛蚊症に似た症状でも、失明の危険がある怖い病気も存在します。それは「網膜剥離」という症状です。これは、頭部、特に眼球周辺に衝撃を受けた際に眼球の内側にある網膜が剥がれてしまうというものです。痛みなどの自覚症状が無いため気が付きにくいのですが、傷ついた組織や出血が眼球内に侵入して飛蚊症に似た症状を引き起こすことがあります。飛蚊症は徐々に発生するのが特徴ですが、網膜剥離の時は突然出現します。急に飛蚊が現れたリ、見えていた飛蚊が急に増えた場合は網膜剥離の疑いがありますので、すぐに眼科での診察を受けるようにしてください。飛蚊症というのは徐々に現れてなんとなく気が付くというのが一般的です。はっきりとした飛蚊が突然現れる飛蚊症はないので、その時は網膜剥離など違う病気を疑ってください。

Copyright © 2017 緑内障を完治させる為には早めの通院スタート|快適な健康生活 All Rights Reserved.